ヒーリング指圧.NITTA
電話番号
案内

院長紹介

プロフィール

  • 新田啓介 (Nitta Keisuke)
  • 中和医療専門学校 卒業
  • あん摩・指圧・マッサージ師(国家資格)
  • はり・きゅう師(国家資格)
  • せんねん灸 メディカルサポーター
  • NPO法人日本ゆる協会公認 ゆる体操準指導員1級
  • 日本タイ語検定協会主催 実用タイ語検定試験4級
  • 趣味 サッカー観戦(名古屋グランパスLOVEです)
       タイ料理 タイミュージック タイ旅行(とにかくタイが好きです)
       演劇鑑賞(地元の劇団、ゲキ×シネなど)

身体の不調に悩まされた日々

私は以前から虚弱体質で、まるっきり健康だったというのは、子供の頃の短期間だけというぐらい虚弱体質でした。 朝学校に行こうとすると突然お腹が痛くなり、下痢が止まらず、一歩も外に出られない日もありました。

思春期に入ってからは、状況がしだいに悪化していきました。友人関係や勉強のストレスなどから 次第に気分が塞ぎがちになり、なかなか寝付けない、動悸やめまいがする等、多くの不調を抱えながら過ごしていました。

周りの同級生はめちゃくちゃ楽しそうに、勉強やスポーツに打ち込んだり、友達同士ふざけ合ったり、談笑したりしています。 どうして自分だけが、こんな目に遭わなくちゃいけないのか?自分の運命を呪いました。

そんな中、いろいろな病院を渡り歩きました。しかし何度検査をしても、異常なしと言われるだけ。睡眠薬や抗不安薬も処方されましたが、 その場しのぎという感じ。心療内科のドクターからは「自律神経失調症」と言われました。

周りの人達からは「しっかりしなさい」「お前は怠けてる」とか言われました。言われるたびに、ひどく落ち込みました。 でも、どうすることも出来ないのです。身体をコントロールできない状態でした。本当に、どうしようもないのです。

このままでは、死んでしまうのではないのか?いや、こんな状態のままだったら、いっそのこと死んでしまった方がラクかなぁ・・・。 そんな精神状態でした。真っ暗闇のなかを、一人ぼっちで彷徨っている感じでした。

こんな症状で
苦しんでいました!!
1.ラーメンなど、油っこいものを食べると吐いてしまう
2.朝、目が覚めると胸がバクバクする
3.電車に乗っていると、いきなり腹痛に襲われる
4.特に理由は無いのに、イライラが止まらず、ヒドイ時はめまいがする
5.ジュースやアイスなど、冷たいものを摂ると、腰が痛くなる
6.15分間隔で尿意に襲われ、トイレに駆け込む
7.坐骨神経痛でお尻がしびれ、悪化すると、足までしびれる
8.物忘れがひどく、何度も指摘されてもミスを繰り返す
9.太ももに全く力が入らず、5分以上、立っていることができない
10.十分寝ているにもかかわらず、朝全く起きれず、学校に行けない

自律神経失調症と決別

そんな中、運命の出会いがありました。知り合いのすすめで、家から車で30分くらいの距離にある指圧院に行ったのです。 初めての指圧だったのですが、受けてみて衝撃でした。身体の底に溜まっていたモヤモヤが、抜けていく感覚がありました。

その指圧は、東洋医学の考え方を元にしており、全身の気の流れを整えるのが目的とのこと。「あれこれとクヨクヨ思い悩んでいると、 気の流れが滞ってしまうよ」と、先生はニコニコしながらおっしゃられました。

10回ほど通院すると、身体の不調が嘘のように改善したのです。「どこに行っても治らなかったのに、どうして指圧なんかで・・・」。 これが正直な気持ちでした。嬉しさも勿論ありましたが、それ以上に驚きの方が大きかったのです。

指圧で治った

それからは、頭の中は指圧のことで一杯。ネット上の情報は今でこそ溢れていますが、当時はそこまで多くはありません。情報源はもっぱら 図書館でした。調べていくうちに、指圧だけでなく、気や経絡などの東洋医学そのものに、どんどん惹かれていきました。

西洋の薬物療法は、心と身体を別々に捉えて治療します。それに比べ東洋医学は、心と身体を1つのものとして考えます。 身体のバランスを整えることが、心のバランスも整えることになるのです。これを「心身一如」といいます。私はこの概念に救われたのでした。

その後一念発起して、実家を出て一人暮らしを始めました。指圧を本格的に学ぶために。そこは正式な学校ではなく、先生との師弟関係が強いところでした。 そこの技法は、肘や膝をダイナミックに使うもので、現在の治療スタイルに大きな影響をもたらしています。

ヒーリング指圧.NITTAを開業

それから数年後、念願の指圧を習うため専門学校に入学。指圧師は国家資格であるため、解剖生理学、病理学、リハビリ学など、 勉強する内容は多岐にわたりました。覚えることが沢山あり、大変でした。未だにテスト前の夢を見ることがあります(笑)。

朝6時に起きて、電車に乗り学校へ。授業後は、温浴施設のリラクゼーションで深夜までアルバイト。そんな生活が3年間続きました。 身体はヘトヘトでしたが、とても充実していました。そして卒業と同時に、見事、鍼灸と指圧の国家資格を取得することができました。

卒業後は、介護施設への訪問マッサージ、整形外科でのリハビリ、接骨院での業務など、幅広く仕事をしました。さまざまな患者さまへの施術を 通して感じたことは、幸せな人生のベースには、健康な身体が必要不可欠であるとなあということです。

それらの仕事もやりがいのあるものでした。ただ、しだいに私の中で、ある感情が大きくなっていきました。それは、今まで培ってきた指圧の技術や、 東洋医学の知識で、多くの人のお役に立ちたいというものでした。

辛い過去を経験した、こんな自分だからこそ、きっとできることがある・・・。同じような悩みを持っておられる方々に、 親身になって寄り添うことができるはず・・・。元気なお身体になって、本来の笑顔を取り戻すサポートができるはず・・・。

ですから、自律神経失調症などで不調を抱えて、どん底のどん底を歩いているような方に、是非ともお越しいただきたい。 そういう方々の真っ暗な足元に、灯りをともせるような存在になりたい。そんな想いから、この「ヒーリング指圧.NITTA」を立ち上げました。

オープン
ヒーリング指圧.NITTA
3つのおもてなし
その1.お身体のお悩みをじっくりお聞きします
プライバシーにも、細心の注意を払っています。安心して、お困りのお身体の状態をご相談ください。又、直接健康と関係のないお悩みや、愚痴などでも構いません。 普段の生活で溜まっているものを、全部吐き出してお帰りください。
その2.あなただけの時間をご用意します
他の患者さまはおりません。思いっきり羽を伸ばしてください。他人に気を使ってばかりでは、休まるものも休まりませんから。 又、小さいお子様連れも大歓迎です。その際は、お菓子やおもちゃなど、お子様が夢中になるモノをご用意ください。
その3.快適な空間でお待ちしております
患者さまがお越しになる前に、しっかりと換気をして、施術者の手を清め、準備万端の状態でお迎えをさせていただきます。 又、施術中のお部屋の環境(暑い寒い、明かり、BGMなど)も、お気軽にご意見ください。

お身体のお悩みは、ヒーリング指圧.NITTAへ

当院は、お身体の不調に、毎日苦しんでいる方の為の指圧院です。名古屋市、千種駅から徒歩5分。 都会の喧騒から隔離された、隠れ家的な空間で、ゆったりとくつろげる時間をお過ごしください。

指圧の本当の素晴らしさを沢山の方に知ってもらいたいと思い、2018年に開業致しました。 自律神経の走行に沿って施術する「ストレス緩和療法」で、元気だった昔の自分に再会しませんか?

ヒーリング指圧.NITTAへ

当院の指圧は、力任せに押すマッサージのような、症状を一時的にうやむやにするものではありません。 原因を突き止め、回数を重ねるごとに完治を目指していきます。もちろん、一回きりのご来院でも大歓迎です。

現在、初回限定の割引サービスを行っております。まずは、あまり構えることなく、ふらっと友人の家に寄るような感覚で、 お越しいただければと思っております。又、ご質問などあれば、お気軽にご連絡くださいませ。

ヒーリング指圧.NITTAへ